日本将棋連盟札幌中央支部 規約

日本将棋連盟札幌中央支部 規約

第一章 総則

(名称)
第一条 本会は日本将棋連盟札幌中央支部と称する。

(事務局)
第二条 本会の事務局を札幌市北区北十条西一丁目十の一(MCビル七階)に置く。

(目的)
第三条 本会は日本固有の文化である将棋の普及活動を行う。

(事業)
第四条 本会は、前条の目的を達するため次に揚げる事業を行う。

  • (一)会員の棋力向上に関する事業。
  • (二)公益社団法人日本将棋連盟又は関係団体との連携協調に関する事業。
  • (三)会員及び賛助会員相互の親陸交流に関する事業。
  • (四)前各号の他、本会の目的達成に必要な事業。

(組職)
第五条 本会は、個人を会員として組職する。
二、本会の目的に賛同する者は、所定の入会申込書に年会費五千円(札幌中央支部年会費二千円含む)を添え、幹事会の承認を得て、正会員となることが出来る。
正会員は、日本将棋連盟認定の段級を割安の上、支部推薦を受けることが出来る。
三、本会の会員は正会員及び賛助会員とする。

第二章 役員

(役員)
第六条 本会に次の役員を置く。

  • (一)  会長     一名  上原 聡
  • (二)  副会長   二名  山下 弘人・田中 美昭
  • (三)  幹事長   一名  滝野沢 和則
  • (四)  副幹事長  一名  梅田 直樹
  • (五)  支部長   一名  工藤 学
  • (六)  副支部長  一名  島井 康行
  • (七)  顧問     一名  高野 明富
  • (八)  事務局長  一名  山下 弘人
  • (九)  幹事    若干名
  • (十)  会計     一名  岩原 弘一
  • (十一) 監査      一名  大野 國博

(役員の選任)
第七条 幹事は、総会で選任する。
二、会長は、幹事が互選する。  
三、支部長、顧問、副会長、幹事長、副幹事長、会計、事務局長、監査は、幹事の中から会長が指名する。
四、副支部長は幹事の中から支部長が指名する。

(役員の職務)
第八条 会長と支部長は、本会を代表し会務を総括する。
二、副会長、副支部長は会長、支部長を補佐し会長が欠けたときは、会長の職務を行う。
三、幹事長、副幹事長は、会長の命を受けて事業を執行する。
四、幹事は、幹事会を組職し会務の執行に参画する。
五、顧問は、本会の相談、棋力向上の技術指導等を行う。
六、会計は、本会の経理を行う。
七、監査は、本会の経理及び事業の執行状況を監査し、総会に報告する他、幹事会に出席して意見を述べることが出来る。

(役員の任期)
第九条 役員の任期は二年とする。但し、補欠によって選任された者は前任者の残任期間とする。なお、再任は防げない。

(総会)
第十条 定期総会は、毎年五月に開催する。なお、必要に応じて臨時総会を開催出来るものとする。

(会計年度)
第十一条 毎年四月から翌年三月とする。

(補則)
本規約は、2009年7月吉日より実効する。
本規約は、2010年5月吉日より改定。
本規約は、2011年5月吉日より改定。

本規約は、2013年5月吉日より改定。