日本将棋連盟札幌中央支部 会計規約

日本将棋連盟札幌中央支部 会計規約

(会計年度)
第1条 支部の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(支部の収入および支出)
第2条 原則として支部の会計における収入は、規約第5条に定める会費等に 
    よるものとする。

(収支予算の作成)
第3条 支部長は、毎会計年度の収支予算案を定期総会に提出し、その承認を  
    得なければならない。

(会計報告)
第4条 支部長は毎会計年度の収支予算案を監事の会計監査を経て定期総会に
   報告し、その承認を得なければならない。その際、決算書類には預金残高証明書(写し)を添付する。
          
(運営費の過不足)
第5条 収支決算の結果、運営費等に余剰金を生じた場合、第10条に基づき 
    総会へ諮った上で対処するものとする。
2、運営費等に不足を生じた場合、支部は、会員に対して運営費の負担割
  合に応じてその都度必要な金額の負担を求めることが出来る。

(預金の開設)
第6条 支部は会計業務を遂行するため、支部の預金口座を開設するものとす
    る。

(帳簿の作成、保管)
第7条 支部長は会計帳簿、什器備品台帳、支部会員名簿およびその他の帳簿 
    類を作成して保管し、支部会員又は利害関係人の理由を付した書面に
    よる請求があった時は、これを閲覧させなければならない。この場合において、閲覧につき相当の日時、場所を指定 することが出来る。